top of page

CADCAM冠

保険で昔治療した銀歯の被せが、現在白い歯にやり替えができるようになりました。

(ただし条件付きで、一番奥の歯が無い方は一部の歯が適応外です。)

​下のイラストの赤い部分の前歯も、2020年9月より保険適用となりました。

​従来より適用のブルーとオレンジの部分を合わせると、前歯から奥歯の2番目までが白い歯に被せ替えが可能です。(白い部分の1番奥の歯は、金属アレルギー以外は非適応です。)

CADCAM Sisiki.jpg

CADCAM冠の特徴

①樹脂製ですが丈夫で長持ちする素材です。(ハイブリットレジン)

②白い被せの中でも比較的着色しにくい素材です。

③金属を使用しないため金属アレルギーの心配がありません。

CADCAM seisaku.jpg

CADCAM冠は、当院でも導入して日々の治療にあたっております。

色調に関してもほぼ満足のおけるものになってきました。ただし、数種類のものからの選択のため特殊な色調やグラデーションの強い場合などは、オーダーメイドのセラミック修復がより自然な仕上がりとなります。前歯の目立つ場所では、こちらがさらにお勧めです。

CADCAM ATNT1_edited.jpg
CADCAM ATNT2_edited.jpg

こちらは、2020年9月より保険治療可能となった前歯のCADCAM冠の治療症例の技工物です。
金属を全く使用していないため、メタルフリーで従来の被せよりも透明感が再現できます。

FA P.JPG
CADCAM P.JPG

こちらは従来からの保険の前歯の被せです。

​金属フレームの上に白い樹脂を載せた形となっています。

こちらが、CADCAMでの保険の前歯の被せです。​すべて白い樹脂で製作されています。

2023年12月より保険適応開始

上記の保険では適応外であった、奥歯に白い歯の選択肢が加わりました。

材料は、PolyEtherEtherKetonという従来の汎用プラスチックの欠点であった強度、耐熱性を克服した高機能スーパーエンジニアリングプラスチックです。

今まで保険での適用のきかなかった最後臼歯にも使用できるようになりました。

ただし、強度などに特化しているため以下の条件あります。

①色調 アイボリー1色のみ かなりマットな色調です。

②大臼歯の単冠のみ ブリッジ不可能

​③2023年2月現在は、材料供給が安定しておらず納期が未定です。

 

Peek01.jpg
bottom of page