ドライマウス

ドライマウス(口の渇き)

 

唾液の分泌が低下し口が渇くドライマウス(口腔乾燥症)は、下記のような原因で生じるとされています。

原 因

  • 加齢、更年期障害(女性のホルモンの影響)、噛む力の低下

  • 薬の副作用(薬物性) 5種類以上の薬の服用で発症が著明

  • 精神的ストレス(神経性による唾液分泌低下)

  • 口呼吸・過呼吸による蒸発性のもの

  • 糖尿病、心不全、腎不全など内科的疾患によるもの

  • シェーグレン症候群(自己免疫疾患)

  • 頭頸部への放射線障害治療後

 

症 状

本来唾液は、食物の消化、そしゃく、飲込み、口腔内細菌の保護、口腔粘膜の保護などの役割を果たしています。

ドライマウス(口腔乾燥症)になると、むし歯、歯周病のリスクが高まるほか、口の中の乾燥感・不快感や口腔カンジタ症などの感染症、味覚障害、舌の痛み、摂食・えん下障害、口臭、話しずらさなどの症状を引き起こします。          

国内での患者数は800万人以上ともいわれ、上記のような原因により年齢的に50-60代の中高年が中心で、7-8割が女性との統計があります。

 

治 療

専門外来として、広島大学病院にドライマウス外来(2006年開設)があります。

ただし、根本的な治療が確立されているわけではなく、基本的には生活習慣の改善指導をしているのが現状です。

ドライマウスはすぐに治る疾患ではなく、専門外来は症状とうまくつきあっていく指導をするところとされています。

専門外来では、症状に応じて唾液分泌を増やす薬の処方、洗口剤、人工唾液などによる粘膜保護、唾液線マッサージによる唾液分泌の刺激などを指導しています。

​当院では、連携病院のご紹介も承っております。ご相談ください。

 

日常的な対策として、

食事の前におしゃべりをするなど、唾液の量を増やす取り組みが効果的かもしれません。

また、東北大学の笹野高嗣教授は、昆布だし使って唾液の分泌を促す「唾液分泌促進法」で成果を上げているようです。