• adc867

ワクチン接種後の歯科の治療について


日本口腔外科学会より、ワクチン接種日と局所麻酔下での口腔外科処置に関して、下記のような見解が示されました。

ワクチン接種前:抜歯後1週間経過してからワクチン接種が望ましい。

ワクチン接種後:3日以上経過して副反応が軽度であれば抜歯などが可能。

とされています。

私も、先週3回目の追加接種を済ませました。幸い患部の軽い疼痛程度で、副反応はさほどありませんでした。

当院でも患者さんに治療の際に、「いついつがワクチン接種だけどどうでしょうか?」と問われることがあります。処置内容にもよりますが、メンテナンスなどの場合は、接種前でも可能、接種後も副反応がなければ可能と考えております。

上記の見解を基準に治療に専念したいと思います。



閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示