入院前の口腔ケアについて

がん等で全身麻酔下での外科手術、放射線療法、化学療法を受けることになった時、手術前後の歯科での口腔ケアーがお口の中の細菌による合併症の予防や術後の回復を早め、入院期間の短縮につながり術後の回復が早まることがわかってきました。

周術期口腔機能管理

このように、がん等外科治療の担当医と歯科医師が連携し、患者さまのお口の機能管理を実施することにより、術後の誤嚥性肺炎や感染症を予防し、治療の向上を目指すことを「周術期口腔機能管理」と言います。
周術期口腔機能管理の実施にあたっては、「手術等を実施する保険医療機関からの文書による依頼に基づき管理計画を作成し実施する」ことになっています。

当院では、下記の医療機関等に連携しております。

​・広島大学病院 ・広島赤十字原爆病院 ・広島市民病院 ・広島県病院

​入院の際、かかりつけ医(歯科)としての口腔ケアを承りますので、お問い合わせください。

kanrikeikaku.JPG
チャート&聴診器